たなぽなブログ

気が向いたら綴るブログ。

洗濯が欠かせない

仕事での長期出張で避けて通れないのが「洗濯」。

日本だとホテルの備え付けやホテルの近所にある(必ずあるとは言えないが)コインランドリーで洗えるからいいけど、ここベトナムホーチミンにはありません。

ランドリーサービスを使うという手もあるんですが、ボディーブローのようにじわーっと懐に効いてくる。

ちなみにこちらのホテルのランドリーサービスはホテルの従業員の方が手洗いして干しているものと思われ…。

ちなみに2年前の越南出張で滞在したホテルで一度ランドリーサービス使ったのですが、何気に高いし帰ってくるまでに洗濯ができてないことがあったし、干すのも針金みたいなフックにかけているので、それ以来やっぱり信用出来ねぇってことで。

まぁホテルのクオリティが値段相応(1泊5,000円程度)なのもあるかもしれませんが。

 

昨年12月の出張時と今回は同じホテルなのですが、このホテル、バスタブがついてない部屋がほとんどみたいです。

f:id:tanapona787b:20180208022822j:image 

そうなると洗うところは洗面台しかないわけで。

洗剤は今回もホテルに備え付けの小さなボディーソープでごしごしと。

でもやっぱりイマイチ洗った感が足りないので、次回があれば部屋干し粉洗剤をペットボトルに入れて持参しようかな、と。

ハンガーやタコ足洗濯ばさみは2年間の越南出張の際に現地購入したもの。

意外に使える。

 

服はUNIQLOの回し者じゃないけど、UNIQLOのTシャツ、肌着、靴下がすごく洗いやすいです。

f:id:tanapona787b:20180208022836j:image

Tシャツは化繊入りだからなのはわかるけど、肌着、靴下がなぜ洗いやすいのか…綿100%のTシャツ持ってきて洗いましたが、すんごく洗いにくくて次回は持ってくるのはやめておこう、と固く誓ったレベル。
あの安いなりの素材がいいのか…

いや、UNIQLOに限らず暑い地域に行くなら速乾性の高い衣服がダントツにいいです。

問題はTシャツなどは冬に入手が出来ないこと(←夏物は夏にしかない…)

また機会を見て買いだめしておこうかな。


あと、大切なこと。
洗うことを習慣に。
気を抜きすぎるとあっという間に洗濯ものが溜まって気づいたら着るものがないな状況に。

以上、備忘録的な要素が多い日記でした。