読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブメガネを即製作

今朝の出来事の続き。

 

tanapona787b.hatenablog.jp

 

壊れても使わなきゃやってけないメガネを一日だましだましで使って、定時(というか、残業タイム入り直前)に退社してメガネ屋さんへ。

メガネを作ったお店は水曜日が定休日でOh my god!(…orz) でしたが、このお店も含む松本のローカルメガネチェーン店の本店が年中無休というなかなか素敵な働きぶりなので本陣へいざ出陣。

とはいえ、勤務先から割と距離あって、夕方の帰宅ラッシュ?に地味に巻き込まれながらも閉店15分前というなかなか迷惑さ高めの時間に着いて入店。

ちなみにGoogleマップでナビしたら最初に出た時刻とあまり変わらない到着予定時刻でした。

やるな、Googleマップよ。

 

で、お店に入ったら早速お店で店長さん(?)が出てきてくれて壊れたメガネを診断。

顧客データとも付け合わせたところ、フレームは2006年から使ってるらしく、流石に廃番になってて修理もメーカーではなく修理専門業者で直してもらうのでお預かりで1週間くらい…。

No glass, No lifeな私にとっては預かり修理は死活問題で、お店の方も「ですよね~」ってことで、スペアマシンならぬスペアメガネ(サブメガネ)を作りましょうということに。

フレーム+レンズセットで一番安いクラスなら1万円(税別)で作れると。

まぁサブメガネだし、とにかくちゃんとしたメガネがない事には帰りの車の運転もままならんということで作ってもらうことに…。

と、なったもののお恥ずかしながら今手持ち金がちょっと…と正直に話して、とりあえずツケでOKとなったので視力を測ってお店に在庫しているレンズで対応できそうなのがわかり、それからフレーム選び。

サブメガネなのでセットで安いものを…で選び出したけど、やっぱり「日本製」「チタン素材」はどうしても譲れなくて、少し悩んでレンズセットで18,000円程度のフレームを選んで製作依頼。

ちなみにこちらの「1124」というモデル。

初めてメガネ作った中学生の時ももう少し高かったっけな…我が人生で最安値メガネです。

作ってもらう間にカードの残高見たら…あら、払えるんじゃないの?と一気にモヤモヤが晴れてちょっとウキウキ。

そのあと、フォーナインズのフレームコーナーでいろいろ試着。

今まで使ってたような細みのチタンフレーム、あまりラインナップにないなぁ…今の時代流行らないのかな?

で、いろいろ見ているうちに「あ、これいいなぁ…」なフレームを見つけて、かけてみたら意外といい感じ(当社比)で、次期メインメガネのフレームの第一候補としてブクマ。

…としているうちにメガネ完成。

かけた感じも問題なし、カード払いも無事承認されて、めでたく万事解決。

f:id:tanapona787b:20170517212512j:image

かけ心地も悪くないし,安いレンズ使っている割に厚すぎずに安っぽさを感じないし、サブメガネとしては贅沢な仕様といえるかな。

いやはや、ホントにお店の店長さんに感謝感激です、ありがとうございました。

夏の小那須(寸志?)はメインメガネ製作に充てよう、そうしよう。