読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューイヤーコンサート in 松本

今年も松本の老舗アマチュアオーケストラである松本交響楽団のニューイヤーコンサートにエキストラとして出演してきました。

昨晩からの雪で朝6時に起きて1時間ほど雪かきしてから向かう。

楽器も所属している吹奏楽団から貸し出してて積み込みもあるのでトラックに乗り換えて会場入り。
そしたらトラックが停められそうな場所の雪かきがまだだったので手伝って駐車。

もう既に腕がパンパン…(苦笑)

楽器を出して9時半からリハーサル。

サラッと進行するのかな…と思ったら、やっぱり気になるところはかなり時間をかけて確認。

一昨日のゲネプロとは大違い…。

でもそうはいっても予定より早く終わって、その後も昼食取って着替えて即席カフェテリア(?)なお茶菓子コーナーでお茶をして本番までの時間を過ごす。

自分が所属している楽団だと時間ぎりぎりまで練習して、やれ集合写真だのとにかく本番までの時間もバタバタ。

これくらい時間があると嬉しいなぁ。

f:id:tanapona787b:20170109205033j:image

今日の職場(?)でもある位置から。

今年の表紙はプログラムはシュトラウス兄弟のイラスト。

今回もシンバリスタたなぽなさんです。 

 

14時に開演。

団長さんの巧妙な語り口のMCも相まって笑いもありながら進行していくが、やはり普段より1週間程度早いからか、練習不足感が時々顔をのぞかせる時が…。

前半を終え、後半も自分もちょいちょいと間違いしながらも大事故は何とか起こさずに進み、何とか無事に演奏会終了。

何となくアンコールの方が本プログラムよりも拍手が大きい感じがしたのは気のせい?(苦笑)。

きっとアンコールに定番曲があるからかな。

 

演奏会が終わってからはすぐに着替えて楽器の片付けと搬出。

自分がメインで所属している楽団のトラックにも積み込みをして、何とか時間内に無事終了、いやぁ良かった良かった。

 

今年もこの演奏会で音楽ライフのスタートが切れた事を嬉しく思います。

所属している吹奏楽団でも2回の演奏会が予定しているし、新しい演奏の機会もありそうだから、文字通り音を楽しんでいきたいです。

 

ちなみにプログラムは下記の通り

1,バリアティンスキー侯爵行進曲 作品212

2,ワルツ『ミルテの花』 作品395

3,ポルカ『風車』 作品57

4,ポルカマズルカ 『おしゃべりや』 作品144

5,ポルカ『冬の楽しみ』 作品121

6,ワルツ『ディナミーデン』 作品173

7,喜歌劇『こうもり』序曲

8,ワルツ『楽しめ人生を』 作品340

9,サン・スー・シー・ポルカ 作品178

10,ポルカ『観光列車』 作品281

11,加速度円舞曲 作品234

アンコール

1,休暇旅行

2,美しく青木ドナウ

3,ラデツキー行進曲