北京出張 最終日

早いもので最終日。

客先との打ち合わせも終わっていたので、今日は消化試合かな…と思ったらそうでもなくて、気づいたら19時を回ってました。

 

とりあえず最低限の仕事はできたつもり…でもちょっと甘いかなぁ。

最終日は身の回りのことをいろいろ面倒見てくれた方に加えて、現場のリーダーの方も見送りに来てくれて別れ際、ちょっと涙腺緩みかけたけどなんとかこらえて。

 

この客先には11月にもまた装置3台の出荷が決まっているから、この3台もしっかりと仕上げて出荷したい。

立上げに来るかはわからんけど…いろいろ面倒見てもらったのはうれしかったけど、やっぱり言葉の壁は大きかったなぁ。

作業の場もそうだけど、日常のすべてがほぼすべて中国語で、片言レベルすら知らない状況ではつらかった…中国語も少しは勉強しておかなきゃ。

 

さて、明日の早朝に日本に向けて出発。

移動だけだけど、長い1日になりそうだ…。