ベトナムスタバにて。

ベトナムに来て間もなく3週間経ちますが、実はベトナム、コーヒー豆の生産量が世界第2位らしい。

と言っても1位のブラジルの半分の生産量みたいですが、国土面積考えれば妥当なところかと。
そのせいかとうかは分からないですが、コーヒーショップも割とそこかしこにあり、幸い滞在してるホテルのそばにスタバがありまして。
それはそれで助かるのですが、一つ困ったことに、何故かなかなかホットのドリップコーヒーが飲めない…
アメリカーノを勧めてくるので一度飲んだけどまぁ不味くて(あくまで個人的)。
スタバに限らず、もう一つの地元(というか日本にない)チェーン店でも同じような対応。
うーん、ブラックのコーヒーしか飲まない(飲めない)私としては割と大問題。
 
今日もお昼にそのスタバへ。
前回(数日前)も「アイスならあります」との返事で「んじゃイラネ」と帰ったこともあったので(基本ホット派)、今日も期待せずに行ってオーダーしてみたら「4分ほどお待ちいただきたいのですが…」(もちろん英語で)とのお返事。
 
なんだ、淹れようと思えば淹れられるんじゃん。
 
かくして、今日は淹れたてのドリップコーヒー飲めました。
f:id:tanapona787b:20160529165047j:image
COD(Coffee of the day)が日本でいうところのドリップコーヒー。
f:id:tanapona787b:20160529165055j:image
ちなみにトリビュートブレンドでした。
ハムチーズクロワッサンと合わせて今日のランチ。
あー幸せ…(ほっこり)
 
なかなかドリップコーヒー飲めない問題、お客さんの飲んでるもの見てもどうやらホットのドリップコーヒーの需要があまりなさそう。
余るのが目に見えてるから、勿体無いなぁ…で品切れですって言ってるのかもね。
今日は行ったのが昼間だったってこともあって飲めたのかもねぇ…日本的には接客がなってないとか言うのは簡単だけど、まぁ郷に入れば郷に従えで。
 
ちなみにベトナムスタバではWi-Fiは1時間の制限付き。
これは日本でもやっていいと思う。
あと、街中ってこともあるけど、スタバでパソコン開いてる人はいるけど勉強してる人もいません。
これは日本側が見習ってほしい。
 
そんな事を何となく綴ってみました。